日本文化大学の資格取得支援とは?


日本文化大学は法律を学ぶ大学です。
同時に、様々な充実した就職支援のプログラムもあります。
これだけでなく、日本文化大学では資格取得支援も行っています。
公務員や警察官の採用試験対策だけでなく、
学生が実社会で活躍するための武器となる「資格取得」を奨励し、
徹底した指導とサポートを行っています。
そのため日本文化大学では様々な分野の資格講座設置しており、
1年次からの履修が可能です。

日本文化大学での教職課程は、
高等学校や中学校での教論Ⅰ種免許の取得が出来ます。
日本文化大学の見学の精神と使命に基づき、
次代を担う指導者を育成する目的で教職課程を設置しています。
「教育職員免許法」の法令に基づき、
1年次から必要な科目を計画的に履修・習得し、
教員としての識見や能力を高めていきます。
最終的に4年次の教育実習で力を発揮できるように
準備を進めることが目標となっています。
日本文化大学の教職課程では、学校教育現場に精通した経験者が、
実際の学校に即した指導を丁寧に的確に行っています。
希望者には個人的に特別指導を行っており万全の対応をとっています。

日本文化大学では就職に有益な資格だけでなく、
卒業後を見据えた実践的な資格支援も行っています。
卒業単位になる必修科目や選択科目の中にも
資格取得のために役立つカリキュラムが編成されていますが、
それ以外にも資格講座があります。
この講座は卒業単位になりませんが、
就職活動の際に自分をアピールするために有利なものばかりあります。
ファイナンシャルプランナー講座や宅地建物取引士受験講座、
社会保険労務士受験講座、行政書士受験講座、基礎数学講座、
簿記検定受験講座、英語受験講座など
数々の資格の講座が日本文化大学にはあります。

日本文化大学では教職課程や資格支援により
学生たちの資格取得を奨励しています。



日本文化大学のお茶の授業について


失われる文化は多いです。
ベーゴマが出来る人は、
果たして今の日本にどれだけ残っているのでしょうか?
ベイブレードの人口も含めたら、軽く50万人は超えそうですね。
ベイブレードはハリウッドで実写映画化の企画が進行中なので、
グローバルに知名度を上げて行っている最中となります。

さて、日本文化大学はお茶の授業がありますが、
このお茶の文化も無くなりそうにありません。
茶道で抹茶をシャカシャカする文化は
極一部の方が受け継ぐだけになりましたが、
普通に茶葉にお湯を入れて飲むのにも、かなりの技術が存在するのです。
「お茶を淹れる」のは子供でも出来ますが
「美味しいお茶を淹れる」には1℃レベル、
1秒単位の細かい調整が必要なのです。
日本文化大学で学べるのはシャカシャカする方ですが、
美味しいお茶を淹れられるようになれば、
会社のお茶出し係として活躍することが出来ますよ。
もちろん、自分で飲むためだけに、
お茶を淹れる技術を極めるのも良いです。
誰だって美味しいお茶は飲みたいと思っているでしょう。

日本文化大学は日本古来よりある文化を大事にしています。
茶道はもちろん、華道、書道、和楽器、
能や歌舞伎なども大事にしているでしょう。
でも日本文化大学が授業で選んだのは茶道になります。
一説だと、美味しい茶菓子を食べたいからだと言われています。
提携している和菓子屋さんがあったということなんでしょうか?

日本文化大学が文化を大事にしているのは、
人間の品格を高めるためです。
愛国心とまでは言いませんが、人として役に立つには、
あらゆる教養を身に付ける必要があります。
加えて、精神的な余裕も必須となります。
茶道はそうしたものを身に付けるのにとても有用です。
お茶をシャカシャカさせると、心を落ち着きますよね?
そのほか、フィールドワーク系の授業も日本文化大学は充実させ、
学問を目と耳だけでなく、肌で学べるようにしているのです。
建学の精神を鍛えるなら日本文化大学が良いですよ。