株式会社トライバルユニットに蓄積されている知識と技術


「弊社の蓄積された知識・技術で貴社をサポートします」
とキャッチコピーを謳う、創立4年の会社について
どう思いますでしょうか。
たかが4年の蓄積でなにを言っているのだと
文句を言いたくなりますが、会社の実力は経過年数では計れません。

一般的に、会社を興す際は0から作ろうとしません。
必ず、何かしらの下積みがあるはずです。
仮に、エステサロンの会社を作ろうとするのに、
エステに関する知識が全くなかったら、
会社経営は成り立たないと思います。
起業する方は必ず、将来のことを見通して会社を作りますので、
将来性もなく無暗に起業する方は絶対に居ないと思います。

例えば、その分野で30年の実力を身に付けた人が
十分な資金を持って独立する。
そんなケースがあると思います。
株式会社トライバルユニットは非常に若い会社ですが、
きっとそのように独立して開かれたのだと思います。
つまりは、株式会社トライバルユニットが持つ会社の実力は、
これまで社長が身に付けた実力とも言えます。
日本の企業はとにかく信用を重視しますので、
これまでその社長が築いてきた信用を頼りに
株式会社トライバルユニットと契約を結ぶのだと思います。

実際、数年に満たない期間で、
株式会社トライバルユニットは中規模程度の企業へと成長しています。
そこの社長がこれまでに蓄積した知識と技術がありますので、
ここまでの急成長が可能だったのだと思います。
車も止まっている状態から走らせようとしても、
最高速度になるには幾何かの時間が必要です。

一方で、ある程度の速度が出ている状態でしたら
エンジンも温まっていますので、
直ぐに最高速度を出せると思います。
会社を興すには、0では無く、
ある程度の下積みをもっておく必要があるのです。
成長スピードが段違いになります!!



mouseover