日本文化大学で教職課程


日本文化大学は就職率が高い大学です。
そんな日本文化大学では中学校や
高校学校教員養成の教職課程を設置しています。
教職課程とは、日本の大学において
教育職員の普通免許状の授与を受けるのに必要な単位が習得出来るよう、
所定の科目などを設置した課程のことを指します。
教職課程によって普通免許状の授与を受けた場合は、
免許状の種類に応じて教育職員免許法に定める科目を履修する必要があります。

日本文化大学の教職課程は、1年次から必要な科目を計画的に履修・習得し、
教育への知見を深めていきます。
そして最終的に4年次での教育実習で力を発揮できるように準備を進めていきます。
日本文化大学の教職課程はフォローが万全です。
学校教育現場に精通した経験者が、実際の学校に即した指導を丁寧に行っています。
さらに希望者には個別に特別指導を行うなど、対策を万全に行います。

日本文化大学の教職課程では高等学校や中学校の教論Ⅰ種免許を取得出来ます。
中学校教論Ⅰ種免許状では社会、
高等学校教論Ⅰ種免許状では地理歴史と公民が教えられるようになっています。
教職課程の受講者は教職以外にも公務員や民間企業など、様々な分野で活躍しています。
色んな分野で活躍できる人材を輩出していると日本文化大学は評判です。

公務員や警察官の採用試験対策だけでなく、日本文化大学では教職課程も設置しています。
徹底し指導とサポートを行っており1年次から履修が可能です。
教職課程により念願の教職を目指すことが出来ます。



日本文化大学で英語を学ぶ


英語教育スタートの低年齢化が進んでいます。
筆者の学生時代は、
中1の時にアルファベットを覚えることからスタートしましたが、
今は小5から英単語を覚えるみたいです。
そして数年後は、小1の時に英語を本格的に学びはじめるとのこと。
今や英語を話せるのは当たり前になりつつあります。

日本文化大学は法学部ですが、
英語教育にも力を入れています。
それはやはり、
日本文化大学が「警察官に強い大学」と言われているのと、
密接な関係がありそうです。
警察官は英会話が必須とも言えます。
警察官の仕事は複数ありますが、
地域課(いわゆる街のお巡りさん)に勤めると、
ほぼ確実に道案内の職務を行います。
まず、昔から外国人観光客は多いです。
その数は日増しに増加しており、
年間で2,000万人とも言われています。
そして交番で道を聞くのは地図が読めない方が多く、
そうした方のほとんどは外国人です。
基本的な英語を話せないと、
お巡りさんの仕事は務まらないと言われています。

日本文化大学は必修の授業で、
総合英語、英語コミュニケーションを行っています。
選択授業にて、英語Ⅱを取ることも可能です。
さらに、英語受験講座も用意しています。
いま流行のトイックやトイフルの受験対策講座で、
少人数で英語のスキルを磨きます。
リスニング能力、作文力、読解力、
語彙力を鍛えることが出来ると評判です。

ただし、警察官採用試験ではあまり英語スキルをチェックされません。
テストはありますが、それは教養試験の一部として扱われています。
しかし、英語は必須です。
それゆえ、警察学校では高度な英語の授業を行っています。
英語が苦手な方は、警察学校でかなり悲鳴を上げているみたいです。
そうならないためにも、
日本文化大学でしっかりと英語スキルを磨いてください。
今や英語はどこに行っても使うスキルです。
外国人の方とメールで取引するのはすべて英語で、
自動翻訳ソフトはまだまだ実用的ではありません。
しっかりと日本文化大学で英語を学んで、ペラペラになってください。