日本文化大学で教職課程


日本文化大学は就職率が高い大学です。
そんな日本文化大学では中学校や
高校学校教員養成の教職課程を設置しています。
教職課程とは、日本の大学において
教育職員の普通免許状の授与を受けるのに必要な単位が習得出来るよう、
所定の科目などを設置した課程のことを指します。
教職課程によって普通免許状の授与を受けた場合は、
免許状の種類に応じて教育職員免許法に定める科目を履修する必要があります。

日本文化大学の教職課程は、1年次から必要な科目を計画的に履修・習得し、
教育への知見を深めていきます。
そして最終的に4年次での教育実習で力を発揮できるように準備を進めていきます。
日本文化大学の教職課程はフォローが万全です。
学校教育現場に精通した経験者が、実際の学校に即した指導を丁寧に行っています。
さらに希望者には個別に特別指導を行うなど、対策を万全に行います。

日本文化大学の教職課程では高等学校や中学校の教論Ⅰ種免許を取得出来ます。
中学校教論Ⅰ種免許状では社会、
高等学校教論Ⅰ種免許状では地理歴史と公民が教えられるようになっています。
教職課程の受講者は教職以外にも公務員や民間企業など、様々な分野で活躍しています。
色んな分野で活躍できる人材を輩出していると日本文化大学は評判です。

公務員や警察官の採用試験対策だけでなく、日本文化大学では教職課程も設置しています。
徹底し指導とサポートを行っており1年次から履修が可能です。
教職課程により念願の教職を目指すことが出来ます。